老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

25年から10年に、年金受給資格期間が変わりました。詳細は、年金受給資格期間短縮法という法律で決まっています。

25年から10年に、年金受給資格期間が変わりました。詳細は、年金受給資格期間短縮法という法律で決まっています。

平成29年8月1日より、年金受給資格期間短縮法によって、年金をもらうための最低限の条件である受給資格期間が25年から10年に短縮されました。 その数、新たに少なくとも約64万人。8月1日に受給権が発生。翌9月分から支給され、実際に10月分から受給がスタートします。 そもそも、この改正は消費税の引き上げ(8%から10%)...

Return Top