老後のおカネ

公的年金から、仮想通貨まで。

平成30年4月からの年金支給額決定のメカニズムについて。いくら、詳細に決めたとしても、勝手気ままに変更するのでは意味はない(笑)。

平成30年4月からの年金支給額決定のメカニズムについて。いくら、詳細に決めたとしても、勝手気ままに変更するのでは意味はない(笑)。

平成30年4月からの年金支給額、複雑な決まり方 現状の年金額は賃金と物価の変動、マクロ経済スライドによるスライド調整率で決まります。 賃金の変動がプラスかマイナスか。物価の変動がプラスかマイナスか。組み合わせで、4つのケースが想定されます。平成30年4月からの年金額は、基本的には「賃金がマイナス、物価がプラス」というパ...

マクロ経済スライドに寄せる期待?奇をてらった珍説でのウケ狙いは止めなさい(笑)。

マクロ経済スライドに寄せる期待?奇をてらった珍説でのウケ狙いは止めなさい(笑)。

しばらくぶりの公的年金・マクロ経済スライド 今回は公的年金の話題です。仮想通貨と公的年金の両方を扱うブロガーはごく少数だと思います(笑)。が、繰り返し言及している野口悠紀雄氏には、両者に関する現状日本語で読めて、かつ極めて深い話にふれることが出来る著作が何冊もあります。ま、仮想通貨も公的年金も間違いなく近未来の日本の行...

年金法案は、すべて先送り。参院選にそなえて。

年金法案は、すべて先送り。参院選にそなえて。

触らぬ神に祟りなし(笑) 政府は 2月6日、GPIFの組織改革や年金給付抑制の強化策などを盛り込んだ年金制度改革関連法案すべてについて、今国会での成立を見送る方針を固めたようです。 野党が株価の乱高下を背景にGPIF改革などへの批判を強めていて、参院選を控えて「年金が政局になってしまうこと」を避ける方針のようです。 先...

マクロ経済スライド、厚生労働省と政府の綱引き

マクロ経済スライド、厚生労働省と政府の綱引き

え?今年は、「やめる」と言ったのでは? 厚生労働省は、2016年1月14日の自民党社会保障制度特命委員会に、年金支給額の伸びを物価や賃金の上昇率よりも低く抑える「マクロ経済スライド」の適用拡大を旨とする年金制度改革関連法案を提示しました。 マクロ経済スライドって、何?という方は、当サイトの人気記事をご参照ください。 参...

マクロ経済スライド、今年は、やめるってよ(笑)。

マクロ経済スライド、今年は、やめるってよ(笑)。

2016年、マクロ経済スライドは実施されない 2016年、マクロ経済スライドは発動されません。2015年末に、厚労省から発表がありました。結果として、2016年中、年金受給者の「受け取り額面金額」は、一切、変化ナシということになります。 ちなみに、「マクロ経済スライドって何?」という方は、当サイトの人気記事をご参照くだ...

マクロ経済スライド、2015年4月に初めて発動されたのですが、まだまだ誤解が多いようです。

マクロ経済スライド、2015年4月に初めて発動されたのですが、まだまだ誤解が多いようです。

他の記事でもふれていますとおり、2015年4月、公的年金史上初めて「マクロ経済スライド」が発動されました。公的年金の支払いは2ヶ月先ですから、この分の振り込みは、6月15日ということになります。 とんでもない間違いです 支給額そのものは増えているのに、実質的な使い勝手は減価するという不思議な、わかりにくい状態となってい...

マクロ経済スライド、制度導入の経緯をわかりやすく説明してください

マクロ経済スライド、制度導入の経緯をわかりやすく説明してください

こちらの記事(厚生年金は、2033年に破綻する?!)に、追加説明です。野口シミュレーションに、「マクロ経済スライド」は考慮されていません。マクロ経済スライドについては、以下で説明しています。 年金のマクロ経済スライドをわかりやすく説明してください(1) 年金のマクロ経済スライドをわかりやすく説明してください(2) 過去...

Return Top