老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

マイナンバー制度をめぐる最大のナゾとは?

マイナンバー制度をめぐる最大のナゾとは?

マイナンバーをめぐる「ホンマでっか!」な話 今回のお話は、他の記事と比較して異色のものになります。情報の信憑性を確認しようがない、「単なるウワサ話」にすぎません。既存のメディアなら、決して、発信できない、いや、発信してはいけないレベルのお話です。 にもかかわらず、あえて発信してしまおうという大胆な試みです(笑)。「お気...

「マイナンバー反対」が意味するもの

「マイナンバー反対」が意味するもの

別目的の読書中、突然、マイナンバーの話題が まったく別の目的で読み始めた本に、別ルートで追いかけているテーマについて書かれているとトクした気分になります。 「え!あれとこれ、関係があるんですか?」 といった具合(笑)。 渡邊哲也さん。地上波には登場しませんが、ネットで人気の経済評論家です。近著、といっても月刊誌なみのペ...

マスコミはマイナンバーに反対!ヤフーニュースのタイトル集めてみた(笑)。

マスコミはマイナンバーに反対!ヤフーニュースのタイトル集めてみた(笑)。

ヤフーニュースのタイトル・集めてみた ヤフーニュースのスマホ・アプリ。テーマ記事は、「マイナンバー」。 タイトルだけを順番に、見ていくと・・・ マイナンバー絡みの不審電話 NHK関西NEWS WEB マイナンバー手続かたる不審な女が訪問 産経ニュース マイナンバー詐欺、早くも不審電話の手口は HUFFPOST <マイナ...

マイナンバーに反対します(笑)。【今回も動画つき】

マイナンバーに反対します(笑)。【今回も動画つき】

NHKが企てる、とんでもない計画とは? いよいよ、スタートするマイナンバー制度。これまでどちらかといえば、「反対する立場」からの報道をくりかえしてきたNHKが、この段階になって、「とんでもない計画」を企てていることがわかりました。 「とんでもない計画」とは、マイナンバーを活用してNHKの放送受信料の支払いを義務化させて...

マイナンバーのメリットは、勧善懲悪!?

マイナンバーのメリットは、勧善懲悪!?

まずは、おさらいから。 こちの記事で、気になる著者の気になる最新刊を参照しつつ、文字どおり、マイナンバーが導入されて、損する人・得する人を考えました。 『マイナンバーで損する人、得する人』、読んでみた(笑)。 くりかえしになりますが、マイナンバー制度は「善良なる市民」にとって、良いことずくめ。損するのは、「オキテ破りの...

俯瞰して考える、マイナンバーのメリット

俯瞰して考える、マイナンバーのメリット

こちらで、ジャック・アタリの文章を取り上げました。 副業とマイナンバー ジャック・アタリは、1943年生まれ。38歳で、フランスのミッテラン政権の大統領特別補佐官を務め、その後、「ヨーロッパ復興開発銀行」の初代総裁となりました。経済学者・思想家・作家としても幅広く活躍し、単に「本を書く人」といったレベルにとどまらない影...

副業とマイナンバー

副業とマイナンバー

こちらで、サラリーマンと副業について取り上げました。 サラリーマンに副業は不可欠になります。 本業はどうなの? では、副業に精を出すサラリーマンが(もちろん、そうでないサラリーマンも)勤務する本業である会社の方はどうかといえば、以前話題になった本に、こんなくだりがありました。「21世紀の企業のあり方」という名付けられた...

マイナンバー、もうひとつのメリット

マイナンバー、もうひとつのメリット

こちらの記事のとおり、日本では「生産年齢人口」が急激に減っていきます。 現役世代の負担を増やさない、まさかの手法とは? その対策として、上記の記事では「生産年齢人口の定義自体を変えてしまう」という奇抜なアイデアを紹介しました。一方、よく耳にする対策として「大量の移民・外国人を受け入れろ!」というのがあります。 現状の在...

カタチを変えたマイナンバー反対法案(笑)

カタチを変えたマイナンバー反対法案(笑)

2015年9月9日、民主党から「正規労働者雇入臨時助成金の支給に関する法律案」(通称・中小企業社会保険料負担軽減案)が衆院に提出されました。 内容は?といえば、同法の施行後5年以内に正社員を増加させた中小企業に助成金を支給するもので、新たに正社員を雇い入れた中小企業に対し、その新たに雇い入れた正社員それぞれの事業主負担...

天才・苫米地英人による、まさかのマイナンバー解説(笑)

天才・苫米地英人による、まさかのマイナンバー解説(笑)

またまたネットサーフィンをしておりますと、興味深い動画が見つかってしまいました(笑)。とりあえず、ツッこんでおきたいと思います(笑)。 見つかった動画ですが、このあいだのキミアキ先生のケースと異なり、「著作権的に問題があるかも」という状態ですので、この記事にはめ込みはせず、アドレス・リンクのみを案内しておきます。場合に...

Return Top