老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

在職老齢年金、総報酬月額相当額や年金基本月額など基本的な用語から歴史的な制度の変遷そして注意点までまとめ

在職老齢年金、総報酬月額相当額や年金基本月額など基本的な用語から歴史的な制度の変遷そして注意点までまとめ

今後、高齢者は年金を受給しながら、可能な限り働き続けるというのが常識となります。そんな環境下、当然、在職老齢年金制度の仕組みは知っておきたいところです。 在職老齢年金制度に用いる基本的な用語 在職老齢年金とは厚生年金の被保険者でありながら、受給する老齢厚生年金のことをいいます。 総報酬月額相当額とは、毎月の賃金(標準報...

在職老齢年金をわかりやすく言えば、「働けるなら、年金は支給しませんよ」ということ。

在職老齢年金をわかりやすく言えば、「働けるなら、年金は支給しませんよ」ということ。

在職老齢年金に対する誤解 在職老齢年金制度とは、厚生年金または共済年金の受給者が年金保険料を支払いつつ勤務する場合に、受取る給料の額に応じて年金支給額の全部または一部が支給停止となる仕組みのことを言います。基礎年金は支給調整の対象になりませんし、調整を受けつつ働いた期間に支払った保険料も退職後に調整を受けないカタチで年...

【在職老齢年金】これからは、在職老齢年金の知識が不可欠になります。

【在職老齢年金】これからは、在職老齢年金の知識が不可欠になります。

今回は、在職老齢年金についてのお話です。 働き続けることは避けられません。 今後、高齢者は年金の受給を受けつつ、以前の世代よりも、長い期間にわたって働くのが一般的になります。 理由は、平均寿命が延びる一方で、公的年金の相対的な価値が下がっていくからです。 預貯金で何とかなるほど、リタイア後の期間は短くありません。一般的...

Return Top