老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

医療費負担がどのように現実化するか、というシミュレーション。なんらかのカタチで実現化してしまうかも。

医療費負担がどのように現実化するか、というシミュレーション。なんらかのカタチで実現化してしまうかも。

財務省案から見える近未来における医療費負担増のカタチ 高齢者人口の絶対数が今世紀半ばまで増加し続ける日本で、将来的に医療費の個人負担が増えることは「すでに決まった未来」と言えるほど、確実なことです。 では具体的に、どんなカタチで負担が増えるのかは気になるところです。 日本医師会は、今月5月1日にコメントを発表し、「財務...

今後、政府が在宅医療を推進する理由とは?

今後、政府が在宅医療を推進する理由とは?

日本はすでに人口減少のプロセスに入っています。しかし、高齢者は絶対数も人口全体に占めるシェア率も増え続けます。高齢者といっても、最終的に増えるのは70歳以上のグループ。このグループに属する人たちは、病院に行くことさえ困難です。 医療の世界では、69歳以下の患者を「通院可能層」、70歳以上の患者を「通院困難層」と区分けし...

高齢社会のホントの勝ち組とは?医者でも、介護事業者でもなく・・・

高齢社会のホントの勝ち組とは?医者でも、介護事業者でもなく・・・

いわゆる『2025年問題』を数字で確認すると、こんな具合になります。 【総人口】現在:1.27億人 ⇒ 2025年:1.20億人 【高齢者比率】現在:25% ⇒ 2025年:30% 【労働者比率】現在:61% ⇒ 2025年:58% 【医療費】現在:40兆円 ⇒ 2025年:60兆円 【社会保障費】現在:120兆円 ⇒...

西内啓『統計学が日本を救う』中公新書クラレ〜統計家が語る日本の社会保障〜

西内啓『統計学が日本を救う』中公新書クラレ〜統計家が語る日本の社会保障〜

話題の統計家が社会保障について論じているということで、読んでみました。国の社会保障費出費において3大構成要素となっているのは、「年金」「医療」「介護」です。著者が専門としていない「年金」について、ほとんど語っていないのは大変、好印象でした。ちなみに、経済の専門家と称する人たちは、年金法を確認することもなく推測で年金を語...

高齢化をネタにしてホントに儲けているのは製薬会社だけ

高齢化をネタにしてホントに儲けているのは製薬会社だけ

高齢社会の勝ち組とは? もう少し、続けてみます。 参照記事 かかりつけ薬局とおくすり手帳で継続課金 日本国の総人口が減っていくにもかかわらず、今世紀の半ばくらいまで、高齢者は絶対数も人口全体に占める割合も増え続けます。この事実を根拠に、年寄り向けビジネス、なかでも介護・医療関連分野の仕事は、需要が伸び続けると予測されて...

かかりつけ薬局とおくすり手帳で継続課金

かかりつけ薬局とおくすり手帳で継続課金

持ってます、おくすり手帳 日本人によく飲まれている薬として「血圧を下げるクスリ」があります。私自身も数年前から、飲むことになってしまいました(笑)。いきさつは、よく覚えていません(笑)。たしか、「たまたま」計測した何回かの数値が高かったので、いつのまにか飲むようになっていました。 そのために、おくすり手帳は、いつも手元...

人生観が変われば、医療費は削減出来る(笑)。

人生観が変われば、医療費は削減出来る(笑)。

邱飯店のメニュー かつて、「金儲けの神様」と呼ばれた作家の邱永漢(きゅう・えいかん)さんは、グルメとして知られ、自宅厨房に常時、腕利きの料理人を複数雇い、食に関するエッセイも多数残しています。この自宅厨房は、いつしか「邱飯店(きゅうはんてん)」と呼ばれ、著名人を含め誰もが一度は行ってみたい幻のレストランとして知られてい...

終末期医療、ポジショントークの見極めが不可欠

終末期医療、ポジショントークの見極めが不可欠

すべてが、ポジショントーク 終末期医療について、何回かふれてきました。 参照記事 洗脳?医療費を削減するには、そこまでやるか(笑) こんなに違う、胃ろうケアについての考え方 最近、読んだ本に興味深い記述がありました。  一般的に元気なうちは「延命治療はいらない」と考えていても、終末期になると患者も家族も不安と戦いながら...

こんなに違う、胃ろうケアについての考え方

こんなに違う、胃ろうケアについての考え方

胃ろう・ここまで考えが異なります。 大学受験指南でも有名な、精神科医の和田秀樹さんの著書を読んでいると、大変、興味深い記述がありました。福祉先進国といわれる北欧の事情にふれつつ、こんなくだりが。  自分で食べ物が飲み込めなくなったら寿命、と見なすのです。キリスト教の思想もあり、生死にかかわることに人が手を施すのは神に対...

終末期医療と医療費の削減(続)

終末期医療と医療費の削減(続)

こちらの記事、参考までに、少し補足説明をしておきます。 終末期医療と医療費の削減【動画つき】 上記記事において、一部、個人的な体験を披露しました。もしかすると、「終末期医療のあり方」について、随分とモノわかりがいいじゃないか。上手く「合わせているだけじゃないか」という感想を持たれたかもしれません。 理由があるんです。 ...

Return Top