老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

白鵬、秋場所休場で3横綱そろい踏み。平成初の異常事態に。〜大相撲力士のキャリア〜

白鵬、秋場所休場で3横綱そろい踏み。平成初の異常事態に。〜大相撲力士のキャリア〜

横綱・白鵬が大相撲秋場所を左膝痛のため休場する。すでに、稀勢の里、鶴竜の両横綱も休場することが決まっており、昭和以降初めて初日から3横綱が休場する異常事態。 ちなみに、3横綱はほぼ同い年で30代前半。30過ぎといえば、まだまだこれからという年齢のプロスポーツが多い中、大相撲では完全なベテラン組である。最近は大卒も増えた...

ジジイさんも、バアさんも、死ぬまで働け!それが「一億総活躍社会」の意味するところです(笑)。

ジジイさんも、バアさんも、死ぬまで働け!それが「一億総活躍社会」の意味するところです(笑)。

90歳現役のレディ 先日のこと、ポーラ化粧品の執行役員の方のインタビュー記事をネットで拝見しました。それによると、ポーラ・レディという同社の対面型販売員の方で、「90歳を超えた現役レディ」がいらっしゃるとのことでした。 ウチの母が数年前に亡くなったのですが、当時の年齢で70歳代前半。90歳と言えば、その親の世代となりま...

本田直之・四角大輔『モバイルボヘミアン』ライツ社

本田直之・四角大輔『モバイルボヘミアン』ライツ社

真の「働き方改革」とは、こういうことなんじゃないかと 正直に申し上げて、タイトルが良くないです(笑)。「ありがちの」「例の」といった具合に、読む前に想像させてしまいます。タイトルに反して、本文は良かったです。タイトルだけなら間違いなくスルーですが、ライツ社という設立されたばかりの、兵庫県明石市にある版元さんということで...

『ライフシフト』、老齢化先進国の日本に住む人なら読んでおいた方が良いです。

『ライフシフト』、老齢化先進国の日本に住む人なら読んでおいた方が良いです。

話題の本。ご近所のリアル書店でもランキングに入っていたので、早速、購入して通読。当サイトのテーマとも深く係るトピックス満載ということで、以下にネタバレを避けつつ、まとめてみました。 読んでおいた方が良いです。 結論を先に言えば、この本は読んでおいた方が良いです。誰もが100歳まで生きる時代には、それにふさわしい覚悟や考...

国民年金と厚生年金、「パフォーマンス」の違いについて

国民年金と厚生年金、「パフォーマンス」の違いについて

引き続きFP・横山光昭さんの著書について 少し以前に発刊の本で、『「おひとり」を不安ゼロで生き抜く女子貯金』(祥伝社)というのがあります。タイトルから明らかなように、読者ターゲットを生涯単身で生きていく(つもり)の女性(おひとり様)に絞った内容になっています。著者のおもな読者が女性ということで、考えられた企画なんでしょ...

FPさんが説く、ファイナンシャルプランニングの限界

FPさんが説く、ファイナンシャルプランニングの限界

売れっ子FPさんは、言うことが違う(笑)。 FP(ファイナンシャルプランナー)さんがアドバイスする老後対策といえば、ありとあらゆる金融商品に関する知識を総動員して、何とか数字の辻褄だけを合わせてしまうことを生業(なりわい)にしているという印象がありました。しかも、紹介される金融商品がご自身の収入に直結しているケースがほ...

政府が、高齢者の求人を増やそうとしているワケ。

政府が、高齢者の求人を増やそうとしているワケ。

働きたい<働かざるをえない 政府は来年度から、65歳以上の高齢者の就労を支援する政策を相次ぎ実施することになっています。ここ数年、ハローワークを訪れる65歳以上高齢者の数が急増しています。いよいよ、公的年金だけで老後の生活をまかなうことができた時代が終わり、基本的に、一生働く以外の選択肢はないことが多くの人に実感される...

高年齢フリーター入門

高年齢フリーター入門

「働き続ける」以外の選択肢はありません。 シニア層に特化した人材派遣業の会社として知られる「マイスター60」。同社のデータによれば、65歳以上の求職や再就職者の数は年々増加傾向にあり、50代の登録者も増えているそうです。 その理由として、65歳までの再雇用制度が大きく影響しているようです。一応、法的には、年金支給と雇用...

生涯現役社会のシンボル

生涯現役社会のシンボル

まさかのオンエア(笑) フツーに、オンエアされていましたね(笑)。『クリスマスの約束』。昨年の放送が、小田さんと番組スタッフの「対立ドキュメンタリー」といった感じの編集で、楽曲は、ほとんどナシといった内容だったもんですから、間違いなく「2015」は、ないだろうと予測していたのですが(笑)。TBSのサイトでは、同番組の1...

看護師募集>集客、というお話。

看護師募集>集客、というお話。

集客よりも難しい 「集職員」というコトバがあるそうです。 集客をもじって、できたコトバだと聞きました(笑)。 医療業界と深く関わるようになるまで、全く知りませんでした。意味することろは、医療業界においては、客(この場合、患者になります)を集めるよりも、職員・スタッフを集める方が、はるかに難しいということ。 あらゆるビジ...

Return Top