老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

介護離職による収入ダウンは、老後ハタンへまっしぐら。

介護離職による収入ダウンは、老後ハタンへまっしぐら。

介護離職は、年間10万人 このサイトでは、これから年金支給の相対的な水準はどんどん下がっていくので、ひと世代前の老人と同じような「老後」をおくれると考えていては、大変なこと(流行りのコトバで言えば、老後ハタン)になりますよ、という趣旨の警告を繰り返しお伝えしています。 そんなに長い期間待つまでもなく、老後ハタンへの道に...

介護保険自己負担、「原則が2割負担で例外が1割負担」へ

介護保険自己負担、「原則が2割負担で例外が1割負担」へ

介護保険、原則と例外は早々に逆転へ こちらの記事に補足です。 介護保険2割負担の読み方 介護保険の軸負担額が8月から2割負担にアップしたとお伝えしました。適用されたのは、所得上位20%。ですから、この段階では「大部分の人は原則として1割負担、そこそこのお金持ちが例外的に2割負担」という構図になっています。 「平成27年...

介護保険・2割負担の読み方

介護保険・2割負担の読み方

介護保険自己負担が1割から2割に 介護保険の自己負担が8月から見直しになっています。 アップする(自己負担が1割から2割になる)のは、 65歳以上で、 単身、 合計所得金額年間160万円以上・収入が公的年金のみなら年間280万円以上(公的年金所得には、優遇措置がとられていますので) が、基本になります。これに加えて、 ...

生涯現役で働くにはサルコペニア予防が必要です

生涯現役で働くにはサルコペニア予防が必要です

公的年金にも頼れず、十分な蓄えも難しいとなれば、これまでの高齢者よりも長く働かざるをえなくなることは明らかです。できれば、生涯現役が理想的です。健康を維持しつつ、働き続けるためには、病気だけでなく、介護状態になってしまうことも予防しなければなりません。 筋肉量減少症(サルコペニア)とは 年を取れば、特にこれといった病気...

Return Top