老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

届かない!いつ届く?マイナンバーカード

SPONSORED LINK

最悪で3ヶ月待ち?

マイナンバーカードを申し込んだんだけど、

届かない!

いつ届く?

という相談を多く受けるようになりました。あなたは、いつマイナンバーカードの申し込みをされましたでしょうか?ちなみに、下記リンクから、『マイナンバー制度利活用推進ロードマップ(案)』を参照してみてください。

マイナンバーロードマップ

一番上の欄に、2016年3月末カード1000万枚

という記載があります。ロードマップどおりの進捗状況であるとすれば、あなたは、現状、数百万人単位の行列に並んでいる可能性があります。自民党の担当者も、「3ヶ月くらいは、かかるかも」という発言をしています。が、誰にもわからない、というのがホントのところじゃないかと思います。現場(市役所)の人に聞いたところで、正確な答えはかえってこないです。こんなに大規模な作業・事務処理なんて、誰もやったことないですから。

すぐに申し込んでも、まる2ヶ月かかりました。

私はといえば、通知カードが来たのが2015年11月26日、その日にネットから申し込んで、2016年1月25日にマイナンバーカード(個人番号カード)を受け取りました。それぞれ、記事にまとめています。ご参照ください。

マイナンバーカード、いつ届く

参考記事

マイナンバー!やっと来た(笑)。

個人番号カード、受け取りに行ってきました。

つまり、条件反射のように(笑)、即時、申し込んでも「まる2ヶ月」かかっているわけです。ちなみに、受け取り場所の市役所特設コーナーには、私以外、誰もいない状況でした。もしかして、市でイチバンだったのかも。

私が、マイナンバーカードを申し込んだ理由

マイナンバーが必要な公的手続きとして、まず「税金関係」が世間的に知られています。が、マイナンバーが関わる「社会保険関係」手続き量は、その約4倍もあって、一応、社会保険労務士である私としては、「知らない」ではすまされない(笑)、というわけです。1月末に入手したマイナンバーカードは、報酬の支払いを受ける場面なんかで、すでに使っています。

また、年初の確定申告(e-Tax)でも、使いました。電子カードリーダーを買い換えるという思わぬ出費をともないつつ。

参照記事

個人番号カードによるetax電子証明書署名、最後に思わぬ出費が。

やっぱり持っておくべきです、マイナンバーカード

ひとたび、マイナンバーカードを入手した後、更新については「各人の誕生日」がベースとなりますから、今回のような「何百万人待ち」状態は避けられそうです。

もう一度、『ロードマップ』を参照してください。東京オリンピック開催前年の2019年3月末には、8700万枚(交付予定)となっています。また、その下に書かれている多数の手続き。これら、すべてにマイナンバーカードが関わってくるわけですから、どう考えても、最終的には「持たざるをえない」ということになりそうです。

まとめ

最後に、マイナンバー制度をわかりやすく説明してくれている動画をご紹介しておきます。実は、自民党の公式YouTubeチャンネルなんですが、このなかの「マイナンバーが世界を変える」というタイトルの動画です。私ども士業の説明となると、どうしても「手続き中心」となりがちなのですが、この動画では、もっと身近なところで、どう活用されるか、具体的に語られています。上記文のなかで「3ヶ月くらいは、かかるかも」と発言しているのは、動画でメインキャスターをしている、ふくだ峰之衆議院議員です。ちなみに、『ロードマップ』も、この人がつくったものです。

Return Top