老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

国民年金と厚生年金、「パフォーマンス」の違いについて

SPONSORED LINK

引き続きFP・横山光昭さんの著書について

少し以前に発刊の本で、『「おひとり」を不安ゼロで生き抜く女子貯金』(祥伝社)というのがあります。タイトルから明らかなように、読者ターゲットを生涯単身で生きていく(つもり)の女性(おひとり様)に絞った内容になっています。著者のおもな読者が女性ということで、考えられた企画なんでしょう、おそらく。タイトルに引き寄せられて、読んでしまいました。

おひとり様の老後

気になった点を2つ。

ひとつは、

著者は、まだまだ年金制度への信頼が厚いようです。老後に受け取る公的年金について、国民年金しかもらえない人は、厚生年金も受給できる人と比較して圧倒的に不利だと指摘しています。毎月の支給額からは、一見そのように見えます。

しかし、

生涯を通じての「負担と給付」という点からはどうでしょうか。(ここでは、この本の想定読者年齢層で考えます。)国民年金(基礎年金)は、すでに給付額の半分は税金でまかなわれています。保険料も定額で、給付額も定額。女性の平均寿命まで生きたとして、保険料として負担した金額の2倍強が年金として支給されることが確認できます。一方、厚生年金の場合、「ありえない数値」を前提としたシミュレーションで「2倍」。事業主の半額負担を考えると、「1倍」。現実的な数値を前提とすれば、支払った保険料は、少々長生きしても返ってこない、というのが事実です。

参照記事

これから、公的年金は老後資金としてアテにできなくなりますか?前編

これから、公的年金は老後資金としてアテにできなくなりますか?後編

基礎年金はミニマムの社会保障として、国は死守する意向です。すでに半分は税金ですから、日本国が存続する限り、「ハタンはあり得ない」ことがわかります。金融商品でいうところの「パフォーマンス」が悪くなるのは、もっぱら厚生年金部分となります。ちなみに、サラリーマンは国民年金・厚生年金、2つに同時に加入していることになっています。

もうひとつは、

著者は、「これからの時代、65歳以降も働くのは当然」としています。この点に異論はないです。が、著者は一方で、若い頃からの貯金を推奨し、「おひとり女子の武器は貯金」とまで言っています。65歳以降も働く覚悟なら、身につけるべきは自分で稼ぐ力であり、そのための自分への投資です。どんなに大金を貯め込んでも、時間の経過とともに残高が減っていく恐怖には、なかなか耐えられるものではありません。

まとめ

平均寿命がますます伸びていますので、

働かない月数 X 毎月の生活費(または、不足額)

という掛算で考えると、老後には多額な費用が必要だということになってしまいますが、少額でも安定して収入があれば、気分はかなり違ってきます。

Return Top