老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

こんなに違う、胃ろうケアについての考え方

SPONSORED LINK

胃ろう・ここまで考えが異なります。

大学受験指南でも有名な、精神科医の和田秀樹さんの著書を読んでいると、大変、興味深い記述がありました。福祉先進国といわれる北欧の事情にふれつつ、こんなくだりが。

 自分で食べ物が飲み込めなくなったら寿命、と見なすのです。キリスト教の思想もあり、生死にかかわることに人が手を施すのは神に対する冒涜だという考え方もあります。
 一方、日本の場合は、あらゆる手立てで寿命を伸ばそうとする傾向があります。
 本人の意思に関係なく、家族の希望でそういう処置が施されることもあります。
 これは、いいか悪いか。私自身は、胃ろうに反対ではありません。胃に直接、栄養分を送り込むので、点滴をしたり、鼻から管を入れるよりずっとラクで自然です。実際、みるみるうちに元気になる患者さんをたくさん見てきました。嚥下(えんげ)性肺炎の危険もまずありません。
 元気な時は、チューブだらけになりたくない、胃ろうは拒否すると宣言していても、いざとなれば、人間は生きていたいものです。尊厳死を希望するのは建前にすぎません。

和田秀樹『働きながら、親をみる』PHP研究所

ここで比較したいのは、昨年話題となって当サイトでも取り上げた、こちら。

参照記事

洗脳?医療費を削減するには、そこまでやるか(笑)

どういう思惑かといえば、

『欧米に寝たきり老人はいない』の著者も、もちろん医師です。

しかし、

胃ろう、あるいは、寝たきりに対する考え方は、これほどまでに違います。

必要以上の延命措置はしない

厚生労働省・財務省の意向は、日本人に「必要以上の延命治療はしない」という価値観が広がって欲しいということです。理由は、医療費が大幅に削減出来るからです。

しかし、現状、「必要以上の延命治療はしない」派は少数です。医師、それも病院を経営する立場からすれば、「ここが儲けどころ」というのがホンネです。実際、生の声を聞かせてもらいました。決して、サンプル数は多くありませんが。

まとめ

私の個人的な予想は、「不必要な延命治療はしない」派の価値観の浸透がイマイチなら、最後に当局は、ムリにでも法制化してしまうんじゃないか、というものです。

Return Top