老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

個人番号カードは申請しといた方がいいですよ、何度も言いますけど。

SPONSORED LINK

確かに、個人番号カードの取得は義務ではありませんが、

先日(2016年1月5日)、仕事始めの会見で高市総務大臣は言いました。

個人番号カードと、民間企業のポイントカードやクレジットカードを連携させるなど、新たなサービスの展開につなげたい。

個人番号カードの取得は義務となっていません。しかし、こういった発言にふれるたび、ホンネでは「できれば取得して欲しい」と思っていることが明らかになります。個人番号カードを持っている人と持っていない人で、極端な差をつけようというのですから。 ちなみに、個人番号カード発行のために、予算も約500億円つけてます。

たぶん、「通知カード」なんぞ持っていたとことで、いろんな場面で「役に立たない」「使えない」状態になるんでしょう。すでに今でも、そうですが。個人番号カードのICチップに、いろんな情報を入れ、そのデータを活用してこその「マイナンバー制度」ですから、個人的には、なりゆきによって義務化されると思っています。

制度導入時からの「義務化」は、反発を生むと考えたのか?

そういえば、マイナンバー受け取り拒否を宣言するおバカさんが少なくなかったようです。私のFacebookのフィードにも流れてきました(笑)。おかしな思想に感染してしまったのか(笑)。

すでに、マイナンバーの付番は終了しているわけで、通知カードを受け取ろうが・受け取り拒否しようが、何の影響もないはず。単なるパフォーマンス以外のなにものでもありません。

電話オペレーター

まとめ

ちなみに、「なぜ、個人番号カードの所持を義務化しないんですか?」ということで、マイナンバーお問い合わせフリーダイヤルに聞いてみたんですが、明確な回答はもらえなかったです。質問を受け付けてくれた人は、内閣府の担当者に聞くなどガンバってはくれたのですが(笑)。

Return Top