老後のおカネ

公的年金から、仮想通貨まで。

Read Article

マイナンバー!やっと来た(笑)。

SPONSORED LINK

お待ちかね(?)通知カード到着

やっと来ました、マイナンバー。正しくは、通知カード。先日も、高市総務大臣から、「一部は12月にずれ込む」との会見があったばかりのところ、まさかの到着(笑)。封筒の、さしさわりのない部分をスマホで撮ったのがこちら。

mynumber

封筒を開けて、ビックリ。カード(通知カード)が何処にもない!挿入ミスかと、何度も中身を確かめると、ありました(笑)。なんと、個人番号カード申請用紙ならびに、視覚障がい者用音声コードと一体になった一部に色を変えて「通知カード」と書いてある。カードじゃないし(笑)。

やはり、「通知カード」の申請が前提となっているようです。総務省は、通知カード発行予算だけで、約500億円も確保しているので、申請しないと損ですよ(笑)。同封パンフにも、「申請してね、個人番号カード」というフレーズが。

私はといえば、写真を貼ったりというのもメンドウなので、当然、ネットで申請することに。

スマホでQRコードを読み取り、申請ページへ。名前とメルアドを入力。

QRコードに、申請書ID番号が入っているので入力不要。

返信メールに、申請用ページのURLがあります。

ここで作業をPCに変更すると、セキュリティのため自動で「認証番号」が発行されます。

「番号」を入力して、次に生年月日を入力。

個人番号カードに使用するプロフィール写真をアップロード。

アップできる写真のファイル形式と縦横ピクセル数(範囲)が決まっているので、注意が必要です。小さすぎても、エラーになります。

最後に「申請ボタン」を押して終了。

問題があれば、1週間以内にメールにて通知。問題がなければ、「お住まいの市区町村より交付通知書が郵送されます」とのことです。

まとめ

実際に、個人番号カードが受け取れるのは、もちろん平成28年1月以降。私の場合、まだ有効期限が残っている「住基カード」を返却しないと、個人番号カードをもらえません。来年のe-Taxによる確定申告は、個人番号カードでやるのか、住基カードのままか、微妙です。というのも、例年、1月中に申告を済ませ、たくさんの人が申告を始める前の2月初旬にはすでに、還付を受けているものですから(笑)。

Return Top