老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

マイナンバー、会社の実務で混乱しない法

SPONSORED LINK

マイナンバー法で混乱しないために、おさえておきたいキーワード

新しい法律が導入される時(今回は、マイナンバー法・番号法)、実務を混乱させないためには、キーワードとなる「専門用語」をピックアップの上、定義を明確にして、何度も見返すことが効果的です。

六法全書

個人番号利用事務

行政機関が、社会保障や税に関して保有している個人情報を取り扱う事務のこと。

個人番号利用事務実施者

個人番号利用事務を行う行政機関等のこと。

個人番号関係事務

民間企業が、従業員や家族の個人番号を書類に記載して行政機関等に提出する事務のこと。

個人番号関係事務実施者

個人番号関係事務を行う民間企業や従業員など。

個人情報

氏名、住所、勤務先などの一般的な個人情報のこと。

特定個人情報

マイナンバーが含まれている個人情報のこと。

例えば、

マイナンバーおよび個人情報が記載された源泉徴収票は、特定個人情報となります。また、マイナンバーそのものも特定個人情報となります。

まとめ

一見、手抜き記事のように見えますが(笑)、そうではありません。毎年、多数の司法試験合格者を輩出する某資格スクールも、初心者は「用語の定義を暗記すること」から始めます。コトバ(専門用語)を制する者が、法律を制する、ということです。

Return Top