老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

「マイナンバー反対」が意味するもの

SPONSORED LINK

別目的の読書中、突然、マイナンバーの話題が

まったく別の目的で読み始めた本に、別ルートで追いかけているテーマについて書かれているとトクした気分になります。

「え!あれとこれ、関係があるんですか?」

といった具合(笑)。

中国潰滅

渡邊哲也さん。地上波には登場しませんが、ネットで人気の経済評論家です。近著、といっても月刊誌なみのペースで出版しているので、「どれが近著か」、判断に困るほどですが、近著『中国潰滅』(徳間書店)に、こんな記述が。

このマイナンバーを持たない者は、国内において働くことができなくなる。
もちろん、不正な資金の流れや脱税なども一目瞭然となる。先のテロ3法において、テロ組織への金銭援助や団体関連に勤めている構成員の動きが、ガラス張りになるということなのだ。

渡邊哲也著『中国潰滅』(徳間書店)

『中国潰滅』というタイトルの本に、「マイナンバー」が出てきて、まず、驚きですが(笑)。こちらの記事にある移民問題と関連していることがわかります。

マイナンバー、もうひとつのメリット

生産年齢人口の減少を移民で解決するのはキケン

マイナンバーの背後には、国際的な要請が

ちなみに、テロ3法とは、

  • 改正テロ資金提供処罰法
  • 改正犯罪収益移転防止法
  • テロ資産凍結法

になります。

これらは、単に国内の犯罪組織の取り締まりという目的を超えて、国外犯罪とのからみを見据えて立法されています。つまり、マイナンバー導入には、国内事情にとどまらない、国際的な要請があったということがわかります。

つまり、「マイナンバーに反対する」ということは、いろんな事情がありそうだということです(笑)。

まとめ

マイナンバーの対象範囲は、我々が考えているより「ずっと大きい」ということです。

Return Top