老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

公的年金の扶養親族等申告書は、おかしな制度?!

SPONSORED LINK

毎年、この季節(10月)になると連想するもの。

フツーは、秋祭りやハロウィンなんかだと思うのですが、私の場合、

web-character

公的年金の扶養親族等申告書

になります。

どういう申告書かといえば、

一定額以上の年金受給者には、雑所得として所得税が課されます。

ただし、公的年金は通常よりも「優遇された」税制が適用され、また、障害年金・遺族年金は無税です。

この課税には、扶養する親族の人数や障害状態などによって、一定の控除が認められています。

最新の「扶養する親族の人数や障害状態」を年に1回、送付されてきたハガキを返信するカタチで報告するのが「公的年金の扶養親族等申告書」になります。

この申告書の書き方等について、「詳しい説明をする」というのが行政協力のひとつとしてあって、開業して間がないころはよくやったものです。

年金相談と違い、基本的に「返信用ハガキ」の説明をするだけですから、資格試験に合格したくらいの「浅い知識レベル」でもつとまるというわけです(笑)。

この申告書を提出していないと、受給している年金に実際よりも「多額」の税金が課されることになってしまいます。

考えてみれば、おかしな制度です(笑)。

日本では、給料から源泉所得税と社会保険料が天引きになります。

歴史的ないきさつは、こちらの記事を参照してください。

確定申告時に振り返る源泉徴収制度の知られざる起源

そして、年金受給者になっても、まだ「天引き」は続くわけです。

ふつうは、死ぬまで。

結果として、「納税しているという意識」もなく、面倒な手続きはすべておまかせ。

ややこしいことは、興味もないし、関わりたくもない(笑)。

だから、いいようにやられていても気づくことがない。

知らぬ間に、年金一元化法が施行に(笑)。

唯一の興味関心は、年金として支給される「額面金額」のみ。

ということで、考えだされたのが「マクロ経済スライド」に他なりません。

年金のマクロ経済スライドをわかりやすく説明してください(1)

年金のマクロ経済スライドをわかりやすく説明してください(2)

明らかな「愚民視政策」ですが、そのこと自体にも気づくことがない(笑)。

まとめ

生涯に支払った保険料の何倍もの年金が受給できた時代には、「愚民」で過ごすこともできました(笑)。少々長生きしても、支払い保険料さえ返ってこない時代には、そうもしていられないのです。

Return Top