老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

算定基礎届で、1年間の社会保険料は決まります。

SPONSORED LINK

1年間のウチ、4月・5月・6月3ヶ月の報酬(日常用語でなく、法律用語)は、残業など超過勤務手当を含めて、可能な限り低くおさえること。社会保険料負担を軽減するための工夫です。4月・5月・6月3ヶ月の報酬額の平均で、1年間の社会保険料をいくら払うかが決まります。具体的には、算定基礎届という書類に記入して、7月1日~10日に提出。その年の9月から適用になります。

いくらでも減額の工夫は可能

なぜ、4月・5月・6月3ヶ月かといえば、日本の会社の多くは、4月に給料を上げるから、上がった給料をベースに社会保険料を払ってもらおうという趣旨です。ということは、上記のように、4月・5月・6月3ヶ月の報酬はなるべく抑え気味にして、7月に昇給。同時に、7月から残業もどんどん増やす、といった具合にすれば良いわけです。

また、社会保険料の計算ベースとなる「報酬」についても、厳密な法的定義を細かく知ることで、何が報酬に計上され、何が計上されないか、ということがわかります。ということで、同じ金額の給料を支払うなら、その一部は「報酬に計上されない」支払い方をすれば良い。

ということで、「社会保険料の算出の仕方」を学べば、「社会保険料の支払いを安く出来る」ということになります。どうやって、学べばいいか?

『社会保険の事務手続』一般社団法人□□県社会保険協会という小冊子を読むことです。

社会保険の事務手続

社会保険の事務手続

内容をご紹介します。

●はじめに、「社会保険トピックス」という記事があり、直近の社会保険にまつまる法改正の説明やデータなどの解説をしています。

●つぎに、毎月の社会保険料はどのように算出すれば良いか。と続き、

以下、

●保険料を改正しなければならないのは、どんなときで、どのような手続きをすべきか。

●実際に、保険料を納付する場合に注意すべきポイント。

●ボーナスを支給したときの事務処理方法。

●新規社員を採用した場合や退職者がある場合の事務処理方法。

といった具合に、毎日の実務に必要なことが必要かつ十分に書かれています。

よほどのレアケースでない限り、この1冊で間に合う優れモノの1冊です。

最寄りの年金事務所に行けば、管轄の事務所でなくても無料でももらえます。

□□には、あなたの地元である(都道府)県が入ります。

今、私の手元にあるのは、「総合版」です。こちらは、有料。だからといって、特別な裏ワザが掲載されているワケではありません(笑)。無料版よりも、少々、参考資料が多いだけです。

A4サイズです。毎年ごとに更新されます。保険料が変わ9月前後にならないと、最新版は手に入りません。ウラには、「定価」とありますが、無料です(笑)。

まとめ

同じレベルの書籍を入手するには、数千円かかります。しかも、不要なことが、たくさん書かれています(笑)。年金事務所の近くを通ったら、ぜひ、入手してください。一読するだけで、月に数万円、年間数十万円の節約が可能になるかもしれません。大変な、「費用対効果」です。原価ゼロですから(笑)。

Return Top