老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

高額療養費制度は、誰のためにあるのですか?

SPONSORED LINK

高額療養費制度とは、医療費の自己負担部分が一定額を超えると、超えた部分の費用は返金してもらえるというシステムです。他国では、ひとたび大病を煩えば、その瞬間に自己破産となってしまうケースが多いのですが、日本では支払い費用は一定額にとどまります。実に、ありがたい制度です。

詳しい資料は、こちら

年齢や所得区分により、いろんなパターンが用意されています。詳しい内容は、厚生労働省のサイトに、

高額療養費制度を利用される皆さまへ

という資料にまとめられています。この記事では、制度そのものについて詳しく論じようというのではありません。

平成27年1月診療分から変わりました

高額療養費制度は70歳未満のケースについて、平成27年1月診察分から変わりました。変更ポイントは、以下のとおりです。

  • 従来の所得区分「上位所得者」に、「年収約1,160万円~」を新設
  • 「上位所得者」の「ひと月あたりの自己負担限度額」は、いすれもアップ
  • 「一般所得者」に、「~年収約370万円」を新設、自己負担限度額も軽減

従来の「一般所得者」は、変化なし。また、70歳以上も変化なし。

「上位所得者」は普段から報酬に合わせて、比較的多額の健康保険料を負担しています。にもかかわらず、いざ、大病になった時には、今までよりも多額の自己負担をせよ、というのです。

一方、低所得者については、今までよりも少額の負担でいいよ、というわけです。

高額療養費の変更というのは、なかなか気づきにくい負担増です。病気になってはじめて「そうだったのか」というパターンが多いことでしょう。

また、気がつく人がだんだん増えても、前もって、絶対数の多い低額所得者に手厚く対応していますから、「騒ぎ」は広がりにくい。27年になってからの国会で、関連する質問に、安倍総理は、早速、このポイントを指摘していました。

今、何が起きているか?

マトになってます

高所得者狙い撃ちは、明らかです。

ジニ係数というものがあります。0から1までの数値で、所得格差の程度を示します。日本の最新数値は平成23年分で、「0.5536」となっています。数値からは、格差社会の到来は明らか。

高額療養費でいえば、「~年収約370万円」の新設。公的年金でいえば、年金制度は崩壊すると考えている方へで確認した基礎年金のあり方などが、格差の底辺部分の人たちを保護する政策です。ここへ上位所得者からお金をまわしてきて、格差を是正しようというのが、今、行われていることです。統計上も、明らかです。

ジニ係数

平成23年所得再分配調査報告書

平成23年のジニ係数は、0.5536から0.3791にまで是正されています。そして、是正のおもな手段は、もはや税制ではなく社会保障制度であることが明確になっています。

まとめ

「オレは高給取りだから、老後のおカネなんて心配いらない」という方や、「税金対策はバッチリだ」という方は、今の政策の完全なマトになりそうです。ハタンするのはむしろ、こういった人の老後かもしれません(笑)。

Return Top