老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

夫がサラリーマンなら、遺族基礎年金と遺族厚生年金がもらえます

SPONSORED LINK

サラリーマンの夫が亡くなった場合、国民年金からは遺族基礎年金が支給されます。国民年金により支給される遺族年金を遺族基礎年金といいますで、説明したとおりです。サラリーマンは、国民年金と厚生年金のどちらにも加入していることになっています。なぜ、年金手帳に色の違いがあるのですか?を参照してください。ということは、条件を満たせば、遺族基礎年金、遺族厚生年金、両方を受給できることになります。

遺族厚生年金の支給要件とは?

遺族基礎年金の支給要件は、国民年金により支給される遺族年金を遺族基礎年金といいますで確認したとおりです。では、遺族厚生年金の支給要件はどうなっているでしょうか?

まず、死亡した者の要件として

  • 被保険者のまま死亡
  • 老齢厚生年金の受給権者が死亡
  • 老齢厚生年金の受給権を満たした者が死亡
  • 障害厚生年金の受給権者が死亡(1級・2級)
  • 被保険者であった者が、初診日から起算して5年を経過する前に死亡

上記要件を満たした場合、遺族厚生年金を受給できる遺族は

妻、夫、(死亡者の)父母、祖父母、子、孫、

になります。この中で、年齢要件がないのは、「妻」だけです。遺族厚生年金の場合、遺族基礎年金のように、支給されるのは、最初から「子のある妻(または子)」といった法律条文上の規定はありません。しかし、結果として、遺族厚生年金が支給されるのは、高い確率で、やはり「妻」となります。

夫がなくなった場合、妻に年齢要件はありません。逆に、妻がなくなった場合、夫には「55歳以上」という条件があり、また、支給が開始されるのは60歳からになります。そうなると、夫はより多い自分の年金を受給することになります。

これからは、年金の支給開始年齢が65歳に移行していきますので、いくつかの条件が重なれば、「夫が妻の遺族厚生年金を数年間だけ受給する」というケースも出てくると予想されますが、やはり確率的にはレアケースといえます。

やはり女性のための年金

夫婦と子ども

結果、やはり遺族厚生年金も「女性のための年金」と言って過言でありません。

さらに、子のない妻には、本来、遺族基礎年金は支給されませんが、生活支援のために、厚生年金から中高齢寡婦加算が支給されることになっています。子のある妻も、子が高校を卒業した後に受給できます。

寡婦(かふ)とは未亡人ですから、これも夫は支給対象とはなりません。

まとめ

遺族厚生年金も事実上、受け取れるのは女性だけ。公的年金は、ここまで女性仕様になっているのです。世の中には妻に先立たれ、子育てのため、フルタイムの仕事が出来ず、生活苦になっているお父さんもいます。法改正も、一部、始まりましたが十分とはいえません。子どもがいる夫にとっても、妻の死亡も、かなりのリスクです。子どもがまだ小さい場合、生命保険で備えておくべきは、むしろ「妻の死亡」かもしれません。

Return Top