老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

老後の資金を年金に頼るという発想自体がなかったんです

SPONSORED LINK

そもそも、「老後の資金を公的年金に頼ろうという考え」自体が、歴史的な経緯の中で、いくつもの条件が重なって、たまたま登場してきたものにすぎません。あるひとつの現象を見て、私たちは、それがずっと以前から長期間にわたり続いてきたもので、これから後も、そのまま続いていくものだ、と思い込みがちです。

生活できるほどの年金をもらっていなかった

まず、厚生年金が制度として発足したのは戦前の1942年。この頃、年金の支給額の少なさから、「アメ玉年金」と呼ばれたという記録が残っています。つまり、支給される年金で可能なことは文字通り、孫にアメ玉を買ってあげるくらいが精一杯のところだ、ということを面白おかしく伝えた表現です。

公的年金の支給額が、大幅にアップしたのは1970年代、田中内閣当時からです。以降、物価スライド制も導入され、右肩上がりで増え続けてきたわけです。平成に入って、デフレ経済を迎えるまで。

勤め人はマイナーな存在だった

平成18年厚生労働白書

サラリーマンはマイナーでした

引用元:厚生労働省HP

今となっては信じられないことですが、社会で働いている人全体の中で、1960年頃まで、自営業者とその家族従業者の方がメジャーな存在でした。つまり、「勤め人」「サラリーマン」というのは、むしろ少数派だったわけです。第1次産業である農林漁業関係者の割合が高かったことも、その理由です。

年寄りは、働いていた

平成18年厚生労働白書

年寄りも働いていました

引用元:厚生労働省HP

自営業者に定年はありません。「年をとっても働いている」ことは、めずらしいことでも何でもなかったのです。1980年当時と比較しても、65歳以上の人たちは、今よりも「働いていた」ことがわかります。

老後は、そんなに長くなかった

平均寿命の年次推移

平均寿命の時系列になったデータを見ると、かつての「老後」は、その生活資金を心配しなくてはならないほどには、長い時間ではなかったことがわかります。心配になる前に、死んでいた、というのが実態でした(笑)。

主な年齢の平均寿命とその延び
引用元:厚生労働省HP

まとめ

老後の資金を年金に依存する。そのような習慣、人生観は、もともとなかったのです。

つまり、

  • サラリーマンがマイナーな存在で、
  • 多くの高齢者は、自営業者として年を取っても働き
  • 生活費を心配しなくてはならないほど、老後は長くなかった

という世界が、存在したのです。どこか外国の話しではありません。かつて、この国は、今とは別の国のようなカタチをしていたということです。そんなに、大昔のことではありません。今の高齢者が若い頃、子どもだった頃のことです。今生きている人が、生きている間に、今の常識が全く通用しない世界に変わったとしても、何の不思議もありません(笑)。

Return Top