老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

ビットコイン、リップルの違い。テクノロジーはもちろん、根底の思想が異なります。

SPONSORED LINK

ビットコイン、リップル違い

仮想通貨のなかで、リップルだけは構造がまったく異なります。現状で存在する法定通貨(円・ドルなど)や金、そしてビットコインの送金も可能です。コイン、通貨と言うよりも、小切手や為替に似ています。やりとりされるのはビットコインのように「資産」ではなく「負債」です。IOU(I owe you;あなたに借りがあります)と呼ばれる借用書書が流通することになります。

また、取引の記録もビットコインのように「プルーフ・オブ・ワーク」ではなく、「コンセンサス」と呼ばれる過程でなされます。時間も、ほとんどかかりません。送金機能に特化したツールと言って過言ではありません。

ドルや円など現存する通貨との併用が可能です。そのために、米国FRBをはじめ、各国の銀行も歓迎の上、何らかのカタチで使っていく趣旨の発言が連日報道されています。

仮想通貨、広告禁止の次はクレジットカードが使用不可に

ただ、仮想通貨全体となると、話は違います。Googole、Twitter、Facebookが広告を禁止する意向であることはすでに知られています。が、それに加えて、国内のクレジットカード会社が相次いで仮想通貨の購入に「カードの使用を受け付けない」ことを発表しました。

クレジットカードが使えないと言えば、多種多様なギャンブルを扱う海外のブックメーカーが連想されます。カード会社から見れば、仮想通貨の取引はギャンブル並みということでしょうか。

クレジットカードの場合、アメリカSECを中心とした規制・取り締まりという点をこえて、仮想通貨という存在が自分たちを脅かす存在であると見ていることも確かです。仮想通貨が街の商店であたりまえに使われるようになれば、わざわざ手数料を支払ってクレジットカード決済を導入することは考えられません。

Return Top