老後のおカネ

公的年金から、仮想通貨まで。

Read Article

仮想通貨と電子マネーの違い。メガバンク発行予定の仮想通貨は電子マネー。

SPONSORED LINK

とある経済評論家は、仮想通貨を称して「こども銀行券みたいなもんだ」と言ってのけました。けっこう、この評論家をリスペクトして、本も何冊も買って読んでいたのですが。現状の枠組みもとづいて考えることに慣れっこになっているから、仕方がないのかもしれません。残念ですが(笑)。

ま、「こども銀行券」とまではいかないまでも、仮想通貨と電子マネーなら、かなりの確率で混同してしまっているんじゃないかと思い、まとめてみました。

仮想通貨と電子マネーの違い

(1)電子マネーは1回だけしか使えません

一方、仮想通貨は個人間、個人と会社の間を流通します。この点、フツーの通貨と変わりません。ただ、電子マネーの中でも「楽天Edy」だけはEdy to Edyという使い方も可能なので、少々、特殊です。

(2)電子マネーには入金限度額があります

WAONなら上限50,000円。nanacoなら1ヶ月20万円、nanacoモバイルなら上限50,000円です。仮想通貨には、もちろん限度額などありません。

(3)電子マネーは特定の通貨にリンクしています

もちろん、WAONとnanacoは「円」にリンクしています。国際送金に使えません。仮想通貨はきわめて安価な国際送金が可能です。

もっともイメージしにくいのは、仮想通貨なら銀行口座を経ることなく、個人間や個人と会社の間でネットで直接送金することが可能であるという点です。クレジットカード決済も不要になります。とはいえ、クレジットカードを使う理由は、決済の繰り延べ(後払い)目的が大きかったりしますから、銀行口座を通じた決済よりは生き残る可能性は高いです。

電子マネーの種類

電子マネーは運営に莫大なコストがかかり、単独事業として成立しません。Edyも楽天Edyとなってしまいました。生き残った電子マネーには、交通系と流通系があります。

交通系の場合、改札機には磁気付きっぷよりも、Suicaのような非接触型電子マネーを使ってもらった方がコストをおさえることができます。実際に導入する意味があるわけです。個人的に関西圏で使用している「PiTaPa」の場合、事前チャージすら必要なく、料金はクレジットカードを通じた完全後払いとなっています。

流通系の場合、顧客の囲い込みがおもな目的です。自社の電子マネーによる支払いなら特別な割引が受けられたり、ポイントが貯まったりします。高額なシステム維持費を支払っても、それなりにペイできます。

メガバンク(東京三菱UFJ)などが発行を計画している電子マネーは、円と完全にヒモづいていて原則的に価格変動しない(発行量によっては変動)予定ですから、仮想通貨というよりも、特殊な電子マネーということになります。

Return Top