老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

雇用保険の手続きにも不可欠となったマイナンバー

SPONSORED LINK

雇用保険関係の届出書類についてもフォーム(様式)が改定されマイナンバーを記載するようになっています。雇用保険関係で、マイナンバーの記入が必要な書類は以下のとおり。

雇用保険被保険者資格取得届

雇用保険被保険者資格喪失届

高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書

育児休業受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書

介護休業給付金支給申請書

ちなみに、マイナンバーを記載して届出ることは、事業主の義務となっています。根拠法は、番号法および雇用保険法です。旧様式の届出書を使用する場合や何らかの理由でマイナンバーを記載出来ない場合であっても、「個人番号登録・変更届出書」によって個人番号を提出しなければかりません。

マイナンバーの記載は法令に基づく事業主の義務であり、従業員に十分説明し納得を得た上で取得しなければなりません。どうしても、従業員からマイナンバーの提供を受けることが困難な場合は、マイナンバーの記載がない届出書を受理してもらえることにはなっていますが、担当者の記憶に残ってしまうことは避けられません。フツーと異なることをやっているワケですから。

Return Top