老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

【プレミアムフライデー、2回目】3月31日は、ちょうど年度末。広く世間に浸透する以前に、もはやハタンの運命か(笑)。

SPONSORED LINK

プレミアムフライデーの認知度がイマイチなのは、データからも明らか

3月31日は、2度目のプレミアムフライデーでした。すでに、多くの人は忘れていたかもしれません(笑)。はじめから、「知らない」という人も少なくなかったはずです(笑)。

プレミアムフライデー推進協議会事務局が、2月に行った調査では、通常より早く帰れた人は17%にとどまったそうです。調査会社によっては3.7%だったというデータもあります。ちょうど、平成28年度末と重なった2回目は、もっとシビアな数字が出るにちがいありません。

こんな結果は、誰でも、だいたい予想できました(笑)。政府の意図するところが、今だによくわかりません。

ちなみに、安倍総理はゴルフを満喫したとの報道がありました。自ら、模範を示したということなんでしょうか。人によっては、悪用・乱用されかねません。

午後3時に帰れば、やることは人により様々。

仮に、ホントに午後3時に家に帰れたら、誰もが同じ様にレジャーやショッピングに出かけるとは限りません。

なかには、早々と帰宅して、副業をする人もいるかもしれません。

さすがに、何処かに働きに行くというのはムリでも、自宅で可能なネットビジネスなら、ありえる話です。

将来の雇用不安、老後の不安にそなえるため、ネットで副業という人も増えてきました。

案外、政府のホンネと一致しているかもしれません。

つまり、「プレミアムフライデー実施による午後3時の帰宅」は、これからは国も会社もアテにできないから、自分で副業でもやりなさいというメッセージかもしれないということです(笑)。

プレミアムフライデーとスーパーフライデーが重なった日

ところで、

3月31日は、プレミアムフライデーであると同時にスーパーフライデーでした。スーパーフライデーというのは、ソフトバンクのスマホユーザーがプレゼントをもらえる日です。プレゼントは、キャンペーン実施月により異なります。3月は、ファミリーマートのファミチキでした。

ソフトバンクは、こんな半端なカタチで還元するんではなく、キチンと基本料を値下げするべきです。ファミチキ1個をありがたく感じる人は、そんなに多くないはずです。

早く帰れた人は、もらいに行ったかもしれません。

まとめ

では、動画でポイントを確認しておきます。

Return Top