老後のおカネ

公的年金から、借金問題まで。

Read Article

厚生年金の加入逃れの実態、 民間企業の立場からいえること。

SPONSORED LINK

厚生年金の加入逃れ、あの手・この手

手

先日、厚生年金の加入逃れが、政府の想定以上に広がっているとの報道がありました。加入を逃れている実例として、建設業の作業員とゴミ収集員が取りあげられていました。それぞれの手口(笑)は、

建設業の作業員→「一人親方」として仕事を受けている。

ゴミ収集員→違法に加入を避けている。記事から推測すると、雇われている期間を調整している様子。

違法(ゴミ収集員)はダメです。「一人親方」としての受注(建設業の作業員)は合法です。一人親方の場合、独立自営業と同じ扱いになりますので、厚生年金ではなく、国民年金に加入することになります。この場合、仕事を発注する会社(事業主)の保険料負担はありません。

違法な手法や合法な手段、まさに、手を変え、シナを変え、厚生年金を逃れようとする大変な熱意がうかがえます(笑)。

厚生年金の加入を逃れる理由

厚生労働省は、厚生年金にホントは加入しないといけない人が未加入になっているのは、せいぜい200万人くらいだろうと見込んでいました。が、上記実例のように、実態はずっと多いみたいだという感触をもったようです。

どうして、厚生年金の加入を逃れようとするんでしょうか?

ひとつは、コストの問題。知り合いの中小・零細企業経営者の多くが言うには、社会保険料(厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料)をまともに払っているようでは、人を雇うのはムリだとのこと(笑)。税理士さんも、ほぼ同じことを言います。

以前紹介した税理士のキミアキ先生。こんな動画があります。タイトルは、なんと「正社員を雇うと潰れる」です(笑)。

アップした日付は、かなり以前。このトレンドは、全く改善されることはありません。要するに、「(社会保険料は)払いたくても、払えない」というのが実状なんです。

さらに、「払っても仕方がない」というのもあるんじゃないかと思っています。

厚生年金の場合、以前なら、現役時代に負担した保険料は老後に、「年金」というカタチで負担者のもとにかえってきました。、平均寿命くらいまで生きてさえいれば、生涯で支払った保険料を、はるかに上まわるカタチで。

ところが、

厚生年金保険料を負担する意味が変わってしまいました。若い世代の人にとっては、給付(年金)と負担(支払保険料)の生涯収支は、赤字になります。これは、政府の統計や予測データからも確認できることです。

つまり、

「厚生年金保険料の支払い」は、それなりの御利益(笑)があったわけです。ところが、今は、概ね負担でしかない、ということです。つまり、税金や健康保険料と同じ位置づけになった、ということです。障害者となってしまった場合(障害年金)や、夫が早く亡くなってしまった妻の場合(遺族年金)を除いては、個人が直接的な御利益を感じるのは、難しくなってしまいました。

厚生年金の加入逃れは、これからどうなる?

厚生年金の加入逃れの摘発には、法人番号(マイナンバーの法人版)制度が活用されることになります。サラリーマン大家さんをはじめ、税金対策で法人をつくった人の多くは、社会保険料が強制加入であることや社長1人の法人でも支払い義務のあること、複数の法人に所属していれば、按分したカタチでの負担をもとめられることなど、ほとんど知りませんから(笑)。

社会保険料負担が原因となって、解散する法人が増えることは確実です。

公務員の場合は、こちらを参照して下さい。

厚生年金の加入逃れ、公務員はホントに取り締まる立場なのか?

Return Top